読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目からうろこ鼻からたらこ

建築系ジャニヲタ。

思いっきりいまさらなMORSE解釈。

舞台。
MORSEは我らが国民的弟、小瀧望の初座長舞台だった。


f:id:sadoeeeeeeeee:20160516102911j:image

私がのんちゃんのスノードームの世界に入ったのは
12/10の大阪のシアターBRAVA!、19:00〜の公演だった。


今まで関西ジュニアの舞台は見てきたが、担当グループの誰かの単独主演という舞台が初めてだった。

今回は、MORSEを観た多くの人が謎に思った照明や効果音、意味深なセリフの言い回しを解釈していこうと思う。


冒頭からオスカーはパンイチで登場する。閉じ込められたようなガラスケースの中からガラスを叩き、「ブタ..........何見てんだよ..........ブタ..........!」と繰り返す。


f:id:sadoeeeeeeeee:20160516111406j:image


原作の映画でこのシーンは、オスカーが夜の窓ガラスに映る自分に向かって言っているのだ。
オスカー、この時点でだいぶ自分がお嫌いなようだ。

学校ではいじめられ、
母は飲んだくれで息子に少し過保護な愛情を注ぎ、
父は別居し同性愛者の彼氏と同居し父親という役割を放棄、

おまけにオスカーの住むスウェーデンは曇りか雪が多い、だいぶ気分が滅入る気候だ。


そんな孤独な少年オスカーが、同じく孤独な少女エリと出会い恋をし、共鳴していく。




f:id:sadoeeeeeeeee:20160516103046j:image





エリちゃん。
彼女は昔昔に性転換している。
彼女が性転換したのはいつなのか?


f:id:sadoeeeeeeeee:20160516102947j:image

200年前の医療技術での性転換というのは相当な苦痛をしいられたはずである。なぜそこまでしんどい思いをしてまで性転換したのか?

それは吸血鬼だからである。
実際エリちゃんは自分より力のある男の人をパートナーとして獲得して今まで生きてきている。エリは年を取らず、ひ弱な小学生のままで行き続ける、故に助けてくれる男の人がいる方がいいに決まっている。

また、劇中でもあるようにエリは誰かに「入ってもいいよ」と言われないとどこかに入ることも出来ない。

一人では生きていけない存在なのだ。

吸血鬼になってしまったきっかけも詳しくは描かれないが、相当壮絶な出来事だったのだろうと察する。その中で吸血鬼として一人では賢く生きていくためにはどうしても性転換が必要だったのかもしれない。

この劇中で吸血鬼のことは「アレ」と表現され、決して「吸血鬼」「ヴァンパイア」とは呼ばれない。でものんちゃんの自身は舞台の告知の際のラジオで「吸血鬼の女の子」と言っているし、原作の映画でもエリのことを「吸血鬼」とオスカーが言う。

これは、エリを吸血鬼というイメージにとらわれがちな言葉だけで割り切ってしまうのではなく、あくまでも孤独だけど強いけれど、決して一人では生きていけない「エリ」という存在について考えて欲しかったからなのではないかなと思う。
確かに私から観たエリは吸血鬼というよりも、「人食い」という感覚の方が近かった気がするし、
ニンニクが嫌いで、日光に弱くて、十字架が苦手で、というようなイメージが頭をよぎることなく、エリとは一体どういうモノなのだろうと考えることが出来た。

エリは「吸血鬼」ではなく「エリ」なのだ。






そして、オスカーが昔飼っていた犬のブルーノ。
このブルーノは2つの重要な役割を果たしている。

1つ目は「臭いの象徴」。

エリの臭いを嗅いだ時にオスカーはエリの臭いを2つの言い方で表現する。

「包帯で巻いた傷口が膿んだ臭い」
まあまあエグい表現をとっさに思いつくもんだオスカー。

「濡れた犬の臭い」
ここから「昔犬を飼っていたんだ」とブルーノの話になる。

傷口が膿んだ臭いなんて、傷口はマキロンで消毒殺菌が常識の現代で嗅ぐことなんてほとんどない。

しかし犬の臭いはなんとなく飼ったことがない人でもわかるだろう。
そして原作の方にこの犬の表現はない。
見ている人にわかりやすいようにしているのだ。



2つ目は、オスカーの心の居場所、

飼い犬の故ブルーノくんが再登場するのは二幕。
「入ってもいいよって言わなかったらエリはどうなってしまうのか実験」をオスカーがした時だ。

入ってもいいよと言われなかったのにオスカーの部屋に入ってしまったエリは目やら頭皮やら背中やらから血がシミ出てきてそりゃあもう大変なことになる。
痛みに静かに耐えるエリを見て慌てたオスカーは自分のイタズラがやってはいけなかったことだと気付きエリをとっさに抱きしめて、「入ってもいい!いいよ!」と叫ぶ。

エリ「カーペット、血で汚しちゃってごめんなさい」

オスカー「いいんだ、ブルーノのせいにするから!、
                   あ、もう死んでたんだった。」

ここで暗転する。

このセリフで区切ることが不思議な人も多かったのではないだろうか。
これは恐らく、今まで暮らしてきたこの家での思い出や過去よりも目の前のエリの方の優先順位が上であるとハッキリと示された場面だ。



そして最後まで明らかにされなかった、ピンクの光り輝く宝石。
劇中で私たちにヒントは

*世界に二つだけしかない
*丸い
*とても貴重

これのみ。
これはもしかしてもしかすると..........性転換したエリの体の一部だったものなのではない..........だろう..........か..........

なんかこう、生命のパワー的なものを放っているのだ。
実際本当にマンガみたいにピカーっと光っていた。

世界に二つだけ、これが大変気になるのだ。

12歳の何も知らない少年になんてもの見せてくれるんだエリよ。


f:id:sadoeeeeeeeee:20160516103528j:image







しかし気になるのは世界に二つだけしかないものなのに、なぜ一つしかないのか。
よくよく考えたらエリの飲む血を収穫する係のホーカンは仕事をしていなかった。
殺した人たちの懐に入っていたお金だけで生活できるものなだろうか?出来ないと思う。
よって、エリのもう一つの宝石は売ってしまったのだろう。そしてこれはもうエリが男の子には決して戻れなくなったということでもあるだろう。





この劇中で気になることは、
オスカーはエリに好きだよ好きだよと何度も言うが、エリは1度もそんなこと言っちゃいないのだ。




f:id:sadoeeeeeeeee:20160516105209j:image

たまらず抱きしめちゃったりしている。かわいい。


しかし言葉以上にエリがオスカーを愛し、お互い愛し合っていると確信できるシーンがある。

エリの部屋に来た刑事をエリが食い殺すシーンだ。

最初、オスカーとエリのいた部屋に入ってきた刑事からエリを守ろうとオスカーはナイフで立ち向かおうとする。




f:id:sadoeeeeeeeee:20160516105540j:image




必死にエリを守ろうとするオスカーだが、自分で自分に制御が効かない。

そんな時、エリが刑事につかみかかり食い殺す。


そして刑事の死体を横目に2人は抱き合い、オスカーはエリに「ありがとう」と言うのだ。


このありがとうは「恐怖を倒してくれてありがとう」ではない。
「自分に人殺しをさせないでくれてありがとう」だと思うのだ。

エリはホーカンには何の躊躇もなしに人殺しをさせ犯罪者への道を歩ませた。しかしオスカーには自分が人殺しをしてまでそんなことさせたくないのだ。


ここまでホーカンは利用されていたかのようだが、エリはホーカンのこともしっかり愛している。

ホーカンは年を取らず美しいままのエリと、老いてゆく自分のギャップに悩んでいた。
しかし、死に際、プライドも何もかもかなぐり捨てて、ボロボロの体で「エリ!!私の天使!!!」と叫び、エリに手を伸ばし触れようとする姿は信仰心にも似た愛だった。

エリもそれを理解していて、ホーカンが唯一愛するエリによってホーカンはその命を絶つ。




f:id:sadoeeeeeeeee:20160516110920j:image



しかしエリからホーカンへの愛は恋愛ではなく家族の愛に近い気がする。だから劇中でエリは「愛している」ではなく「本当に感謝している」とホーカンに何度も言うのではないだろうか。




エリは言葉には出さないものの、
自分からぐいぐいオスカーに話しかけていったり、

自分からベッドに潜り込んだり、

f:id:sadoeeeeeeeee:20160516112205j:image

抱きついてみたり

f:id:sadoeeeeeeeee:20160516112006j:image

ダンスの曲中にオスカーからキスして、もう1回とねだってみたり、

f:id:sadoeeeeeeeee:20160516112254j:image

さらにキスを迫る迫る。

f:id:sadoeeeeeeeee:20160516112511j:image

まあまあ肉食系女子
吸血鬼なだけのことはある。

最初自分から「あなたとは友達になれない」とか言っていたのはどうしたエリよ。


しかし初めて経験する恋に恐る恐る答えていくオスカーがもう半端なくかわいい。
初めて梅干を食べてみようとする赤子を軽く飛び越えるほどかわいい。
内心「いけ、エリ!」と思ってみていたことは内緒だ。




そしてこの舞台で驚かされたのは、オスカーの表情。

鼻水も涙もすべてを垂れ流し、
最後エリを追うオスカーに小瀧望なんて微塵もいなかった。


のんちゃんだったら鼻水は拭うし、あそこまで顔を崩して演技することなんてない。



もう本当にオスカーだった。



そしてエリに出会う前

f:id:sadoeeeeeeeee:20160516114305j:image

エリと出会った後、

f:id:sadoeeeeeeeee:20160516113612j:image

最後エリと生きていくと決めた時、
f:id:sadoeeeeeeeee:20160516113544j:image



本当に素晴らしかった。

最後、エリの入った箱を持ち汽車に乗るオスカー。
車掌さんに何が入っているのと尋ねられ、

「色んなもの、....全部です。」

と答える。

エリが自分のすべてだったホーカンとエリの部屋にエリが寝るための箱しかなかったように、

オスカーにとってもエリは「全部」なのだ。


エリが刑事を食い殺した後、一度はオスカーに別れを告げる。そしてエリはオスカーに、明るい世界で普通に生きていくように言い残し、オスカーが泣きながら必死で止めるも虚しく姿を消してしまう。



しかしその後のお母さんとオスカーのシーンで、お母さんはリビングで寝てしまい、オスカーは毛布をかけてあげてそれを見つめる。
この時に後ろで時計の秒針の「チッチッチッ」という音が流れている。

実はこれがお母さんとオスカー最後の夜になることが後に分かる。

この時からオスカーはもう後にエリと再会することを知っていたかのようだし、
エリがオスカーを助けてから2人で汽車に乗るまで会話はなく、お互いこうなることが当たり前だったかのような雰囲気を醸し出している。

f:id:sadoeeeeeeeee:20160516115608j:image


汽車の中で、箱の中のエリに向かってオスカーはモールス信号を打つ。
中からエリも打つ。

観客はその内容を知ることなく幕はしまるのだが、
これはオスカーが「エリ」、
エリは「オスカー」と打っている。


オスカーがエリの名前を最初に呼んだのは口でではなくモールス信号だった。
言いたいことを言えずに孤独に暮らしていた2人だけの会話手段、モールス信号。

映像化はされなくても、
今年にシアターBRAVA!が無くなってしまっても、

これからもずっとあの2人が作った雪に覆われた愛の世界は一生残り続けるに違いない。