読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目からうろこ鼻からたらこ

建築系ジャニヲタ。

孤独な人魚たち。〜溺れるナイフの考察と感想〜



重岡大毅の、二作目となる外部作品「溺れるナイフ」を観てきた。

 
f:id:sadoeeeeeeeee:20161106113214j:image

 あらすじは、

神社の跡取り,コウという少年と、

東京から来たモデルのナツメが惹かれ合い鬱屈した思いをぶつけ合い、レイプ事件をきっかけにお互いに生まれたトラウマを乗り越えていくという話。

 

すぐになにかに例えたくなるヲタクなので今回もなにかに例えて溺れるナイフの、特にコウちゃんと大友の対比などについて述べていく。

 

 

*コウちゃん

彼は浮雲にある神社の跡取り息子。


f:id:sadoeeeeeeeee:20161106113547j:image

昔は神社の家系がそこの地主であることが多く、恐らく彼の実家もそうである。

映画では描かれていないが、彼は浮雲の人々から神さまの生まれ変わりだと言われている。

映画の中に出てくる、

「コウちゃんと神さん」は「イエスキリストと神様」の関係なのだ。

 

 

 

そんなコウちゃんの前に現れた、

東京からやってきたナツメ。

 


f:id:sadoeeeeeeeee:20161106113724j:image

 

小さい頃から特別扱いされ、なんでも思い通りになる浮雲の町はコウちゃんにとってつまらなく、そして同時に居心地がいい。

そんな中で現れた、唯一思い通りにならない彼女の出現がコウちゃんにとっては面白かった。

 

劇中でコウちゃんは言う。

「海も山も、ここにあるもんは全部俺のもんじゃ」

 

 コウちゃんは、ここにあるものしか自分のものには出来ないのだ。それ以外のものは自分のものにはできない。

 

コウちゃんはここでしか生きられない、

浮雲だけでしか生きられない、

海の中でしか生きられない人魚のような存在なのだ。

 

浮雲という海から出たら、うまく歩く足を持たない人魚。

 
f:id:sadoeeeeeeeee:20161106121119j:image

 

彼は、そのことを知っているが故に、遠くへ行ける彼女を美しいと感じる。

 

実はナツメも、芸能界という海がないと生きていけない人魚なのに。

コウちゃんは自分と同じ人魚に惹かれ、自分よりも広い海を泳げる人魚に憧れる。


f:id:sadoeeeeeeeee:20161106121230j:image

 

 

 

 

神が自分についてくれていると感じるコウちゃん、まさに

「小さい頃は神さまがいて毎日夢を与えてくれた」状態。

ユーミンも納得。

 

 

 

そんな時、あのレイプ事件が起こる。

 

 

この事件でコウちゃんになにが起こってしまったのか。

 

浮雲で全知全能のコウちゃんは、浮雲で起こることならたいていどうにかなった。

 

最強のコウちゃんは、

海や山すらも思い通りにするコウは、

東京から来た部外者の男にはどうにもできなくてただただボロクソに痛めつけられた。

 

神さんがいなきゃただのガキ。

 

自分が、浮雲以外の世界では通用しないとわかっていたけれど、それを知らないふりして生きてきた彼に叩きつけられた現実だった。 

 

これは浮雲で神さん扱いされていたコウちゃんの尊厳をバキバキにへし折った。

 

 

「初めておうた時、お前が光って見えたわ」

コウちゃんはナツメの絶対的な美しさを知っている。

だから水に突き落としたり、汚ったない溝的なところで突き飛ばしたり、顔にツバを吐きかけたり彼女を痛めつければつけるほどその美しさが浮き彫りになるんじゃないだろうか。

 

コウちゃんはどこかナツメに憧れている。

しかし、他の人みたいにナツメに憧れ、崇めるだけの存在としてはいたくない。


f:id:sadoeeeeeeeee:20161106180753j:image

 

彼はナツメの神さんでいることで、なんとか自分の存在とナツメの存在のバランスを取っていたのではないかと思う。
f:id:sadoeeeeeeeee:20161106180813j:image

 

実力のある人間に評価されることで実力があると思いたい。

 

コウちゃんにとって、

ナツメが望むように誇り高くあり続けることが、この町に、ナツメの傍に堂々といれる資格だった。

 

 

 

コウとナツメが海に行く時は、女の子の呼吸音が必ずBGMに紛れて聴こえてくる。

 

2人の人魚が会うのは海の中、生きるのに必要なものであり、同時に辛い過去であるのかもしれない。

 

 

人魚を救うのに失敗し、自らはその海に身を沈めた人魚は海の底ひで何を思うのだろうか。

 

 

 

*大友

彼は漁師の家の次男坊。


f:id:sadoeeeeeeeee:20161106174007j:image

 

コウと切りつけ合うようにぶつかり傷つくナツメの心を癒す唯一の存在。



f:id:sadoeeeeeeeee:20161106175801j:image

 

彼は登場人物の中で1番優しく強い。

長男で跡取りのコウとは違い、次男であるが故にこの街を出て生きていくことだってできる。

これがなければ生きていけないというものを持たない、縛られない自由な存在。

 

どこにいったって、アイスや野球、映画にカラオケ、色んなものを好きになることが出来る。

 
f:id:sadoeeeeeeeee:20161106175710j:image

彼は陸地を歩き、海も泳げる人間。

大友とナツメの海のシーンがないのも、海がコウとナツメにとっては特別な唯一無二の場所であるが、大友とナツメにとっては唯一の場所ではないからなのではないだろうか。

 

ナツメが自分の人生に巻き込むように傷付けて、一緒に海に引きずり込もうとしても、

人魚を抱えて太陽の当たる海面へと顔を出す、そんな力強さを持っている大友にナツメは惹かれ、でも同時に苦しい。

 

 

人魚は人魚としか一緒には生きていけないのかもしれない。

 
f:id:sadoeeeeeeeee:20161106180326j:image

 

 大友はアホな役を演じながらもとても繊細な感性を持っている。

 

出来上がって作ってもらったお弁当をくちゃくちゃと汚く咀嚼するクラスメイト、彼の目にはその様子が作られた情報を意地汚く摂取する醜い姿そのものに映ったのだろう。

ナツメが別れを切り出した時も、仕事ではなく原因はコウであると見抜いている。

 

 

しかし、大友は絶対にコウちゃんには勝てない。

それは、大友とナツメの別れのシーンで描かれる。

大友は泣きじゃくるナツメを押し倒して何度も言う。

 

「笑ってや」

 

このセリフ、全く同じセリフを言っていた人物がいる。

 

 

レイプ犯のあいつだ。

 

 大友とレイプ犯の違い、レイプ犯は笑え笑えと強要するだけであったのに対して、大友は「笑らせたい」と自分を省みる心を持っている。

しかし、ナツメ目線で描かれるこの映画において、本当は男の種類はコウちゃんとそれ以外しか存在しないのかもしれない。

 

 

 

 

この「溺れるナイフ」という題名。

 

コウちゃんはナツメにもう俺に姿を見せるなと言い残し、ナイフを渡す。

再び襲われた時に、ナツメの傍にあり一番最初にレイプ犯に牙を向いたのはコウちゃんではなくこのナイフ。

 

ナイフはコウちゃんの象徴で、ナイフは文字通り海に沈められ溺れる。ナイフの象徴であるコウちゃんはナツメに溺れ、自らの運命に溺れる。

 
f:id:sadoeeeeeeeee:20161106182658j:image

 

 

 原作ではナツメが東京に行ってしまった後、コウはどんどん尊厳を失い、ナツメに溺れていく。


f:id:sadoeeeeeeeee:20161106182905j:image

 

大友ももっとコウに牽制しまくるし、コウに勝ちたいという気持ちが大きいように思える。


f:id:sadoeeeeeeeee:20161106183645j:image

 

カナちゃんの複雑で異常な感情が加速していく片鱗を見せて映画は幕を閉じる。


f:id:sadoeeeeeeeee:20161106183802j:image     f:id:sadoeeeeeeeee:20161106183807j:image

 

 しかしながら、映画で描かれているのはコウとナツメが一番美しかった時期を映像で切り取り、人間の嫌な部分が見えてくる前の大友とカナを描いている。

 

 私はこれが漫画の世界にはできない美しい「溺れるナイフ」の表し方であり、菅田将暉,小松菜奈,重岡大毅,上白石萌音の魅力を引き出す最良の作品であったと思う。

 

 自転車の二人乗りでトンネルに入り闇に消えて行った2人は最後バイクに2人で乗る。チラリと見えた光がナツメの顔を照らして映画は終わる。

 

 

少女たちのまぶたに残る、

美しい「私の神さん」はいつまでも美しい海の中を漂い続ける。

 
f:id:sadoeeeeeeeee:20161106184815j:image

 

 

VBB余談。(どうでもいい話と残る疑問)

全くの余談で〜す

 

今回VBBで描かれた吸血鬼は、MORSEで描かれたエリちゃんとは全く違った人物でした。

しかしかぐや姫の方は少しエリちゃんに似てる部分があるのかな〜っと思っています。

エイリアン的には最初かぐや姫というメチャカワな女の子として誕生して大成功していますが、なぜ竹井京次郎のような男の子に乗り移ったのか。

エリちゃんは不老不死の子供ゆえ、誰かに守ってもらわなければ生きていけなかったわけですが、

かぐや姫は守ってもらうとややこしいことになると学び、自らで自分を守れる肉体に移動したのか〜と思いました。

 

 

今回VBBで不思議だったことがひとつ。

藤志櫻を探しに行った神ちゃんが射った矢、これどう考えてもかぐや姫に刺さってるのですよね。

これだけが謎です。

かぐや姫は矢が刺さっても死なないということを言いたかったのか、しかしながら肉体はただの人間のはずなので矢が刺さったら普通にダメージを食らうと思うのです。

こればっかりは謎です。

 

 どなたか解釈されてる方いらっしゃいましたら御一報よろしくお願いします〜ッ!

エレベーターでさようなら〜Vamp Bamboo Burnの愛の形〜

2016年8/5〜10/31に行われた神ちゃんこと神山智洋の初劇団☆新感線参加舞台「Vamp Bamboo Burn」

f:id:sadoeeeeeeeee:20161029102318j:image

生田斗真くん主演、舞台人ならば憧れを持つものがほとんどというこの大舞台に神ちゃんは笑いと可愛さで大いに華を添えてくれた。

 

この舞台は、平安時代かぐや姫との恋に敗れたところ偶然ヴァンパイアになってしまった男が不老不死の体でかぐや姫の正体をエイリアンとも知らず、千年もの間追い続ける物語である。

 


f:id:sadoeeeeeeeee:20161029003243j:image

 

美しいビジュアルですが本当にこの藤志櫻様はアホの子でおられます。

 

出てくる人物はみなアホであり、普通の大人が持っているであろう感覚を持っていない人ばかり。しかしこの物語の中では誰もがみな一途で純粋な愛を貫いているのである。

 

ここではそれぞれの個性的なキャラクターたちの「愛」についての私の解釈を述べていく。

 

まずは

神ちゃんが演じた、貴族の付き添いで行ったのにかぐや姫に見初められた従者、蛍太郎

 

後に、「結婚式(蛍太郎とかぐや姫の)の二次会の司会をお願いしたかったです!」とクソ舐めた口を藤志櫻にきくアホ野郎ではあるが、合コンの席では藤志櫻の歌にいち早くのって上げたり、彼が話してる時にうなずいたり、舐めた態度など微塵もない。

藤志櫻を探せ!となった時もためらい、悲しそうな顔をしていた。「殺しちゃってもいいだろ?」と言われたあとのセリフ「そうですね、サックリいっちゃってください」が

「サックリいっちゃってください(低音ボイス&悪い顔)」から「サックリいっちゃってください♪」に公演を経るうちに変化していた。

これは最後まで藤志櫻への敬意はあるものの、単純でアホな蛍太郎像を見せようとしたのではないかと思う。

 

かぐや姫に選ばれた蛍太郎は、「かぐや姫と結ばれる」ことよりも「貴族を差し置いて選ばれた」ということに浮かれているように思うのだ。

実際にかぐや姫に手を取ってスリスリされる蛍太郎は緊張し戸惑い、ドギマギとするばかり。



f:id:sadoeeeeeeeee:20161029102430j:image

話が進んでいくにつれ、最初は恐縮していた蛍太郎とかぐや姫との会話の距離感がどんどん縮まっていく様子が可愛らしい。

藤志櫻がヴァンパイアだと露呈した時も、身を呈してかぐや姫を守ろうとしていた。

 

しかし、蛍太郎、なにせおっぱいが大好き。

そりゃ〜〜〜もう〜〜〜大好きなのだ。

 

目隠し鬼ごっこの時も、結婚前夜も、さらには現世でかぐや姫を見つけた時もおっぱいのことばかり考えている。もはやかぐや姫のことをおっぱいだとすら思ってないか?

藤志櫻がかぐや姫の魂を愛し続けるように彼はかぐや姫の肉体を愛し続けている。

 

ここで特筆するのは、これが普通の人間の感覚であるということ。相手の魂だけが受け継がれてると言われて、じゃあ大好きですと人を愛せる方が異常な感覚だと思うのだ。

 

また、蛍太郎は非常に身体的にも精神的にも弱い人間である。

武器を持っていてもヴァンパイアに噛まれ一度死んだ。喉が乾けば(かぐや姫がエイリアンとは知らなかったため)かぐや姫の生まれ変わりと知りながらも血を吸ってしまう。かぐや姫の血を吸ったのが、

藤志櫻は「同じヴァンパイアになって末永く共にいたい」

蛍太郎は「目の前にある愛する人の血を吸いたい」

であったように思えるのだ。

 

偶然ヴァンパイアになったとはいえ人間の血を吸うことをためらっていた藤志櫻。偶然ヴァンパイアになり、未熟がゆえに命を落とした蛍太郎。

蛍太郎は、異常なまでの愛を貫く藤志櫻に対する普通の男の子として描かれていたのではないだろうか。
f:id:sadoeeeeeeeee:20161029101713j:image

 

 

次は、蛇の目組親分

彼もまた蛍太郎に似たような愛を貫いていた。美人で若いナースのゴリ、アリサちゃんを愛人としていた。

蛍太郎は「相手を愛する気持ちも見せながら自分本意」だったが、組長は「自分本意な気質ではあるがアリサを愛していた」

 

アリサよりも先に血は吸うし、下の世話はしてもらうし。

 

しかし、最後、黒霧が「干からびろやヴァンパイアども!!!」と言い大窓のカーテンを開け放った時、組長は自分の羽織をアリサに被せ自分は日光に焼かれる。なんやかんやこの人も一生懸命アリサを愛していたのだ。

 

 

次に、かぐや姫

 

今回彼女は平安時代には普通の恋愛を楽しんでいる。


f:id:sadoeeeeeeeee:20161029100939j:image

ひたむきに頑張る蛍太郎の姿を見て好きになっちゃうなんて浅倉南かぐや姫くらいのもんだろう。

 

彼女は当初トゥーマッチな藤志櫻のことを好きじゃないだけで嫌いではない。

また 、藤志櫻の告白を受けて「重いの........嫌いじゃないです♡」と言い、戦国武将になったら家来になって守ってね,イルカになったらシーシェパードになって守ってねと言っているように来世での藤志櫻への期待(?)をも見せている。


f:id:sadoeeeeeeeee:20161029101059j:image

 

この気持ちが憎しみに変わるのは、蛍太郎を殺された時と噛まれた時。

平安時代かぐや姫は蛍太郎が殺されたことよりも噛まれたことにブチギレている気がするがクライマックスでの恨みは蛍太郎の死へと移行している。これは自分がエイリアンという意識が平安時代にはハッキリあったからではないだろうか。

千年という月日があり、ほかの異性と恋をしたことだってあったかもしれない。しかし恋をするたびに思い出すのは自分を守ろうと死んでいった蛍太郎、もう二度と会えないと思っている蛍太郎だったのではないだろうか。千年という長い月日が蛍太郎への愛を深め、藤志櫻への憎しみを深めていった。
f:id:sadoeeeeeeeee:20161029102510j:image

そして、屈折しきってはいるが、かぐや姫は限りなく憎しみに近い愛を藤志櫻に抱いているように思える。

 

虫麻呂が苦労したようになにか目的なく生き続けることは容易ではない。
f:id:sadoeeeeeeeee:20161029102602j:image

藤志櫻は姫を見つけ出すこと、

虫麻呂は簿記と空手と柔道とアロマの資格をとること、

そしてかぐや姫は藤志櫻に復讐することを目的として生き続ける。

 

これまで、かぐや姫がイキイキと生き続けてこれたのは絶え間なくかぐや姫を愛し続けた藤志櫻の存在があるからなのだ。

 

蛍太郎を殺したのは、実質、ホボカタたちの管理のずさんさである。それなのに京次郎は藤志櫻に「蛍太郎を殺した.....!一度ならず二度までも!!!!」と蛍太郎の二度目の死についても藤志櫻のせいにしている。

蛍太郎が森で食い殺された時、悲しんだのはたった2人。かぐや姫と、自らを抑えきれず蛍太郎を食い殺してしまった藤志櫻本人だ。徳永くんと蛍太郎が合体したバケモノが死んだのを知った時に藤志櫻は月9「いつかあの美しさを思い出して笑ってしまった」の撮影中。


f:id:sadoeeeeeeeee:20161029102017j:image

ここで藤志櫻もといTOSHIROは「徳永くん死んじゃったし、」と言っていた。これだけ話の要となっている蛍太郎に言及していない。これは、藤志櫻は蛍太郎が生きていたことを知らなかったのではないだろうか。

 

しかし、かぐや姫の理不尽な「蛍太郎の2度目の死」についての悲しみや怒りも彼はまとめてサンドバッグとなる。かぐや姫も彼が自分のサンドバッグであってくれると知っている。知っているが、認めてしまえば蛍太郎への愛よりも藤志櫻への憎しみの方が大きいことを認めてしまうような気がするのではないだろうか。

愛と憎しみではベクトルが違うが、同じように大きな熱量を持った思いであることに変わりはないのだから。

 

なぜこれが憎しみではなく、憎しみに限りなく近い愛だと言えるのか、それはクライマックス、かぐや姫がアリサの身体に乗り移ることでわかる。

演出上の話もあるのかもしれないがそこは今回置いといて、本当に憎くて殺したいと思っているならば、わざわざ人格が変わってしまったことがわかりやすい藤志櫻の身近な人間に乗り移るだろうか?私なら、全く知らない人間に乗り移って、油断しきっているところをぶっ殺す方が効率がいいと思うのだ。

かぐや姫は藤志櫻に認識して欲しいのではないだろうか。

藤志櫻の愛を受けとめたということにはならないだろうか。

かぐや姫もまた藤志櫻と同様に、長い年月によって異常なまでの愛によって変えられてしまった人物なのだ。

 

 

 

この物語で一番心情描写が少ない、とても謎の多い人物がいる。

その人物とは、

かわいそうなサカエちゃんだ(CV:竹井京次郎)

 

彼女は藤志櫻が振り向いてくれなさすぎて京次郎になびいてエイリアン側につく。
f:id:sadoeeeeeeeee:20161029105430j:image


しかし不思議なことがある。

前世占いのシーン 、アリサちゃんの前世を占った後、西武沼袋方面にかぐや姫の気配を感じたマダムとTOSHIROはサカエちゃんの前世を見ることなくその場を去ってしまう。
f:id:sadoeeeeeeeee:20161029105254j:image

 

しかし、スクリーンに映ったサカエちゃんの前世は悪魔のような確実にいい雰囲気ではない生き物。

あのスクリーンは真実の姿を映すものではないし、サカエちゃんはナメクジに寄生されてもいなかった。

ゆえに、あれはサカエちゃんのシンプルな前世だったと仮定して話を進めていきたい。

 

ここで思い出してほしい。

アリサちゃんは少なからずゴリラだった。前世の特徴を少しではあるが引き継いでしまう部分があったのだ。

サカエちゃんは、TOSHIROもといトシちゃんに対して、冷凍パックの血を捨てたり、劣化でヤバいことになってるのにしば漬け洗った水を飲ませたり、わりとヘビーなイタズラをする。

前世占いの結果がスクリーンに映る時、サカエちゃんは自分で自分の前世をわかっているような部分があったように思う。自分のあらがえない性格をわかっていながら、現世での最後の最後は前世の悪魔ではなく、人間の女の子としての、トシちゃんへの愛をみせた。

しば漬けの水を飲ませたり、ナメクジに寄生されてると嘘をついたりした自分を、トシちゃんが信じてくれるかどうか。

 

トシちゃんが自分を信じてくれることが分かったら、しかもそれでトシちゃんが生きれるのなら。

 

サカエちゃんは「ずっと、こうしたかってん.....」と悲しげに嬉しそうに言う。

かぐや姫を追い続けてるトシちゃんが自分に乗り換えてくれるとは思えないからトシちゃんのかぐや姫探しを容認し、利用されてるとわかっていながら、しかも自分は人間で彼は不老不死のヴァンパイア。もうめちゃくちゃである。

そんな中でサカエちゃんの望むものは、おのずと、「トシちゃんに血を吸われて死ぬ」。

考えれば考えるほどこれだけしか残されなくなっていったのではないだろうか。

 

 悲しい、悲しすぎもうビッシャビシャやでほんまやで........

 

そんなヴァンパイアを愛してしまった悲しみを味わうサカエちゃんの気持ちを知っているからどこか京次郎はサカエちゃんに優しいのかもしれない。

 

 

この舞台は、全員アホで愛おしくて、悲しみを笑いと不謹慎で吹き飛ばす、最高の舞台だった。

ヤクザvsエイリアンという設定だって昔の映画のパロディで、ヴァンパイアが愛する人を求めて生き続ける話だって世の中にはごまんとある。

しかしパロディを集めて集めて、定番のギャグも集めて集めて、宮藤官九郎という糸で繋いで、いのうえひでのりが料理して役者が消化すればみたこともないような最高にバカバカしくてかっこよくて、美しい舞台に仕上がる。

 

VBBを観たものは必ず思うだろう。

 

トゥーマッチな藤志櫻を、

強く美しいかぐや姫を、

爽やかアホかわいい蛍太郎を、

濃い顔とうっとおしいほどの沖縄なまりを、

99歳のテーブルクロスひきを、

ありまーーす!を、

適当な前世占いを、

語りベイビーを、

痛風だけど恋愛したいを、

やたら歌のうまい駅員を、

ヴァンパイア刑事を、

名前の間違いで揉めるヤクザを、

真っ暗な会場を沖縄の太陽の下と言いくるめてやった夏フェスを、

 

 

 

「千年先まで愛してる」と。

 

 

 

 

 

 

市場三郎〜温泉宿の恋〜とシアタードラマシティ


幕開けからやっとこさ、入館してきました。



f:id:sadoeeeeeeeee:20160516121041j:image

んんん〜いいお湯だった!!

今回はシアタードラマシティと市場三郎〜温泉宿の恋〜について考察したいと思います。


f:id:sadoeeeeeeeee:20160518173630j:image



今回は設計図がネットや本に載ってない上に、劇場内撮影禁止ということで、大変でした。
しかも、会場撮影がダメならということで、会場内のフロアマップ撮ろうとしたらそれもダメですとお姉さんに止められまして..........余計な仕事増やしてすいませんでしたお姉さん..........

濵ちゃんによるキャスト紹介VTRを観ながらスケッチして、会場を歩き回って吸音装置や照明設備を見て、
歩数や手の大きさで座席角度や詳細サイズを測って、

でも幕が開いた状態でずっとVTRが流れていたお陰で、どこの座席でどのような聴こえ方、見え方なのかがすごく観察しやすかったです。


シアタードラマシティは梅田芸術劇場の地下一階にある中規模劇場である。
上演されるのはミュージカルや落語が中心。
比較的実験的な演劇が上演されることが多い。
今回の市場三郎も類にもれず新しいジャンルの劇だった。



収容人数は898席 。
シアターBRAVA!が1098席というのに比べれば本当に客席と舞台が近い劇場だ。

足元もゆったりとしていて座り心地がいいと評判の劇場である。

f:id:sadoeeeeeeeee:20160518173718j:image




グローブ座との一番の違いは二階席のないワンフロアの劇場ということ。
横16m奥行14,5mというのは劇場としては横が短い方。

横が狭いと何がいいのか、端の席でも見切れるということがないので、壁ギリギリまで客席を作ることができ、さらに音の聴こえ方が中央とはじで変わるのだ。

そして席がギリギリまで作れるということが、
座席によって見方が大きく変わるということでもある。


グローブ座とシアタードラマシティとでは、
シルエットがメインのこのシーンの印象もだいぶ変わるのではないかと思う。

f:id:sadoeeeeeeeee:20160518173515j:image





さて、この劇場で課題となるのが音の響き。

狭い劇場故に音が跳ね返りすぎないように、最大限の工夫が凝らされている。



f:id:sadoeeeeeeeee:20160518163631j:image

まず写真の白いところに立った時、
ここでは15列目と16列目の間の壁に、舞台からの直接の音と舞台左右のスピーカーからの音がもろに混ざり合いぶつかるカオスな状態の音が聞こえる。


「「「ホォットパァ〜ン、だぁーれだあなたはホットパァ〜ン♪」」」

f:id:sadoeeeeeeeee:20160518164808j:image

というふうに混ざり合い響き合い、わんわんわんと音が聴こえる。


ホットパンツが現れた時、この通路はまさにホットパンツのハーモニーが響き合うホットパンツのサンクチュアリと化す。



公演開始前に立ってみたが、濵ちゃんによる自己紹介VTRがだいぶエコーのかかった状態で聴こえてきた。


しかしながら、15列目の人はそんな聴こえ方しなかったと思うだろう。
これは、15列目と16列目の間の通路幅が、跳ね返った音が通路に落ちるような幅に設計されているからだ。


また音を響かせないように音を吸収する吸音装置というストッキングの膜のような部分が普通、劇場にはいたるところに存在するのだが、
このシアタードラマシティは舞台脇スピーカーの真下に大きいものが2つと、16列目以降にちょべっと両脇に付いてるだけ。

これは両脇のザラザラとした石の壁が音を分散させているためだ。

これだけの狭さで、音をここまで響かせずに、いかにお客さんの耳に届く生音の比率を高めるかをよく考えた会場設計だと思う。

ホールでも生声がよく通る濵ちゃんが、アカペラで歌を聴かせる場には最適の劇場なのだ。




そしてこのなだらかな、傾斜。


f:id:sadoeeeeeeeee:20160518163645j:image

これが傾斜があり、舞台を見下ろしているのに一体感が出る秘密だ。

確かに少し前の人の頭が若干かぶる。

しかし劇場にいる観客に舞台に入り込みつつも、他の観客を風景とみなさせる。

濵ちゃんが歌うオーハッピーデイに手拍子で体を揺らし、会場全体が濵ちゃんと市場三郎を楽しんでいる幸せ空間を作り出しているのだ。

シアタードラマシティが
市場三郎とファン、ファンとファン同士の距離感を作り出しているのだ。



f:id:sadoeeeeeeeee:20160518170804j:image


この舞台では度々ミラーボールが使用された。

このミラーボールをうまく反射させるために、天井にも工夫があった。
ミラーボールの光は天井に反射すると、ミラーボールの根元に∞マークを生み出す。


これが客席に反射するなんてことがあったら台無しだ。
ミラーボールの光が反射しないように、∞マークの長さに合わせてミラーボールの根元の天井は柵状になっている。




この配慮のおかげでジャニーズWESTの舞台にも関わらず謎の巨大∞(エイトマーク)がララの足元に、なんていう事態にはならないのだ。

シアタードラマシティ、すごいんだぞい。

f:id:sadoeeeeeeeee:20160518171350j:image






シアタードラマシティは都会にある劇場にも関わらず、楽屋に窓があって開けることが出来る。
楽屋は地下ではなく地上階以上にある。

市場三郎が大阪にやって来た5/13〜14はピーカンピーカンの日本晴れ。

見慣れた梅田の街並みと、明るい日差しと、
外から聴こえるファンの声を遠くに聞きながら、
楽屋の濵ちゃんは千秋楽に向けてかなりリラックス出来たのではないかと思う。


f:id:sadoeeeeeeeee:20160518172116j:image


多くの若手役者がシアタードラマシティで実績を積み、メインホールでの公演を果たしている。

しかし、市場三郎さんがグアム旅行に私たちを連れていってくれる時はぜひ、またこの梅田芸術劇場のシアタードラマシティでお願いしたいと思った。


また市場三郎さんが、
ホットパンツの妖精が、
ララちゃんが、
秘宝館が、
やぎが、
ニートが、
野球少年が、
TAMERのような上司が、
素敵なざわざわが、
お手紙が降り注ぐロマンチックなあの世界が、

ポポーンと私たちの前に現れてくれることを願って!ぃよぉ〜ぉっ!(パン!)














思いっきりいまさらなMORSE解釈。

舞台。
MORSEは我らが国民的弟、小瀧望の初座長舞台だった。


f:id:sadoeeeeeeeee:20160516102911j:image

私がのんちゃんのスノードームの世界に入ったのは
12/10の大阪のシアターBRAVA!、19:00〜の公演だった。


今まで関西ジュニアの舞台は見てきたが、担当グループの誰かの単独主演という舞台が初めてだった。

今回は、MORSEを観た多くの人が謎に思った照明や効果音、意味深なセリフの言い回しを解釈していこうと思う。


冒頭からオスカーはパンイチで登場する。閉じ込められたようなガラスケースの中からガラスを叩き、「ブタ..........何見てんだよ..........ブタ..........!」と繰り返す。


f:id:sadoeeeeeeeee:20160516111406j:image


原作の映画でこのシーンは、オスカーが夜の窓ガラスに映る自分に向かって言っているのだ。
オスカー、この時点でだいぶ自分がお嫌いなようだ。

学校ではいじめられ、
母は飲んだくれで息子に少し過保護な愛情を注ぎ、
父は別居し同性愛者の彼氏と同居し父親という役割を放棄、

おまけにオスカーの住むスウェーデンは曇りか雪が多い、だいぶ気分が滅入る気候だ。


そんな孤独な少年オスカーが、同じく孤独な少女エリと出会い恋をし、共鳴していく。




f:id:sadoeeeeeeeee:20160516103046j:image





エリちゃん。
彼女は昔昔に性転換している。
彼女が性転換したのはいつなのか?


f:id:sadoeeeeeeeee:20160516102947j:image

200年前の医療技術での性転換というのは相当な苦痛をしいられたはずである。なぜそこまでしんどい思いをしてまで性転換したのか?

それは吸血鬼だからである。
実際エリちゃんは自分より力のある男の人をパートナーとして獲得して今まで生きてきている。エリは年を取らず、ひ弱な小学生のままで行き続ける、故に助けてくれる男の人がいる方がいいに決まっている。

また、劇中でもあるようにエリは誰かに「入ってもいいよ」と言われないとどこかに入ることも出来ない。

一人では生きていけない存在なのだ。

吸血鬼になってしまったきっかけも詳しくは描かれないが、相当壮絶な出来事だったのだろうと察する。その中で吸血鬼として一人では賢く生きていくためにはどうしても性転換が必要だったのかもしれない。

この劇中で吸血鬼のことは「アレ」と表現され、決して「吸血鬼」「ヴァンパイア」とは呼ばれない。でものんちゃんの自身は舞台の告知の際のラジオで「吸血鬼の女の子」と言っているし、原作の映画でもエリのことを「吸血鬼」とオスカーが言う。

これは、エリを吸血鬼というイメージにとらわれがちな言葉だけで割り切ってしまうのではなく、あくまでも孤独だけど強いけれど、決して一人では生きていけない「エリ」という存在について考えて欲しかったからなのではないかなと思う。
確かに私から観たエリは吸血鬼というよりも、「人食い」という感覚の方が近かった気がするし、
ニンニクが嫌いで、日光に弱くて、十字架が苦手で、というようなイメージが頭をよぎることなく、エリとは一体どういうモノなのだろうと考えることが出来た。

エリは「吸血鬼」ではなく「エリ」なのだ。






そして、オスカーが昔飼っていた犬のブルーノ。
このブルーノは2つの重要な役割を果たしている。

1つ目は「臭いの象徴」。

エリの臭いを嗅いだ時にオスカーはエリの臭いを2つの言い方で表現する。

「包帯で巻いた傷口が膿んだ臭い」
まあまあエグい表現をとっさに思いつくもんだオスカー。

「濡れた犬の臭い」
ここから「昔犬を飼っていたんだ」とブルーノの話になる。

傷口が膿んだ臭いなんて、傷口はマキロンで消毒殺菌が常識の現代で嗅ぐことなんてほとんどない。

しかし犬の臭いはなんとなく飼ったことがない人でもわかるだろう。
そして原作の方にこの犬の表現はない。
見ている人にわかりやすいようにしているのだ。



2つ目は、オスカーの心の居場所、

飼い犬の故ブルーノくんが再登場するのは二幕。
「入ってもいいよって言わなかったらエリはどうなってしまうのか実験」をオスカーがした時だ。

入ってもいいよと言われなかったのにオスカーの部屋に入ってしまったエリは目やら頭皮やら背中やらから血がシミ出てきてそりゃあもう大変なことになる。
痛みに静かに耐えるエリを見て慌てたオスカーは自分のイタズラがやってはいけなかったことだと気付きエリをとっさに抱きしめて、「入ってもいい!いいよ!」と叫ぶ。

エリ「カーペット、血で汚しちゃってごめんなさい」

オスカー「いいんだ、ブルーノのせいにするから!、
                   あ、もう死んでたんだった。」

ここで暗転する。

このセリフで区切ることが不思議な人も多かったのではないだろうか。
これは恐らく、今まで暮らしてきたこの家での思い出や過去よりも目の前のエリの方の優先順位が上であるとハッキリと示された場面だ。



そして最後まで明らかにされなかった、ピンクの光り輝く宝石。
劇中で私たちにヒントは

*世界に二つだけしかない
*丸い
*とても貴重

これのみ。
これはもしかしてもしかすると..........性転換したエリの体の一部だったものなのではない..........だろう..........か..........

なんかこう、生命のパワー的なものを放っているのだ。
実際本当にマンガみたいにピカーっと光っていた。

世界に二つだけ、これが大変気になるのだ。

12歳の何も知らない少年になんてもの見せてくれるんだエリよ。


f:id:sadoeeeeeeeee:20160516103528j:image







しかし気になるのは世界に二つだけしかないものなのに、なぜ一つしかないのか。
よくよく考えたらエリの飲む血を収穫する係のホーカンは仕事をしていなかった。
殺した人たちの懐に入っていたお金だけで生活できるものなだろうか?出来ないと思う。
よって、エリのもう一つの宝石は売ってしまったのだろう。そしてこれはもうエリが男の子には決して戻れなくなったということでもあるだろう。





この劇中で気になることは、
オスカーはエリに好きだよ好きだよと何度も言うが、エリは1度もそんなこと言っちゃいないのだ。




f:id:sadoeeeeeeeee:20160516105209j:image

たまらず抱きしめちゃったりしている。かわいい。


しかし言葉以上にエリがオスカーを愛し、お互い愛し合っていると確信できるシーンがある。

エリの部屋に来た刑事をエリが食い殺すシーンだ。

最初、オスカーとエリのいた部屋に入ってきた刑事からエリを守ろうとオスカーはナイフで立ち向かおうとする。




f:id:sadoeeeeeeeee:20160516105540j:image




必死にエリを守ろうとするオスカーだが、自分で自分に制御が効かない。

そんな時、エリが刑事につかみかかり食い殺す。


そして刑事の死体を横目に2人は抱き合い、オスカーはエリに「ありがとう」と言うのだ。


このありがとうは「恐怖を倒してくれてありがとう」ではない。
「自分に人殺しをさせないでくれてありがとう」だと思うのだ。

エリはホーカンには何の躊躇もなしに人殺しをさせ犯罪者への道を歩ませた。しかしオスカーには自分が人殺しをしてまでそんなことさせたくないのだ。


ここまでホーカンは利用されていたかのようだが、エリはホーカンのこともしっかり愛している。

ホーカンは年を取らず美しいままのエリと、老いてゆく自分のギャップに悩んでいた。
しかし、死に際、プライドも何もかもかなぐり捨てて、ボロボロの体で「エリ!!私の天使!!!」と叫び、エリに手を伸ばし触れようとする姿は信仰心にも似た愛だった。

エリもそれを理解していて、ホーカンが唯一愛するエリによってホーカンはその命を絶つ。




f:id:sadoeeeeeeeee:20160516110920j:image



しかしエリからホーカンへの愛は恋愛ではなく家族の愛に近い気がする。だから劇中でエリは「愛している」ではなく「本当に感謝している」とホーカンに何度も言うのではないだろうか。




エリは言葉には出さないものの、
自分からぐいぐいオスカーに話しかけていったり、

自分からベッドに潜り込んだり、

f:id:sadoeeeeeeeee:20160516112205j:image

抱きついてみたり

f:id:sadoeeeeeeeee:20160516112006j:image

ダンスの曲中にオスカーからキスして、もう1回とねだってみたり、

f:id:sadoeeeeeeeee:20160516112254j:image

さらにキスを迫る迫る。

f:id:sadoeeeeeeeee:20160516112511j:image

まあまあ肉食系女子
吸血鬼なだけのことはある。

最初自分から「あなたとは友達になれない」とか言っていたのはどうしたエリよ。


しかし初めて経験する恋に恐る恐る答えていくオスカーがもう半端なくかわいい。
初めて梅干を食べてみようとする赤子を軽く飛び越えるほどかわいい。
内心「いけ、エリ!」と思ってみていたことは内緒だ。




そしてこの舞台で驚かされたのは、オスカーの表情。

鼻水も涙もすべてを垂れ流し、
最後エリを追うオスカーに小瀧望なんて微塵もいなかった。


のんちゃんだったら鼻水は拭うし、あそこまで顔を崩して演技することなんてない。



もう本当にオスカーだった。



そしてエリに出会う前

f:id:sadoeeeeeeeee:20160516114305j:image

エリと出会った後、

f:id:sadoeeeeeeeee:20160516113612j:image

最後エリと生きていくと決めた時、
f:id:sadoeeeeeeeee:20160516113544j:image



本当に素晴らしかった。

最後、エリの入った箱を持ち汽車に乗るオスカー。
車掌さんに何が入っているのと尋ねられ、

「色んなもの、....全部です。」

と答える。

エリが自分のすべてだったホーカンとエリの部屋にエリが寝るための箱しかなかったように、

オスカーにとってもエリは「全部」なのだ。


エリが刑事を食い殺した後、一度はオスカーに別れを告げる。そしてエリはオスカーに、明るい世界で普通に生きていくように言い残し、オスカーが泣きながら必死で止めるも虚しく姿を消してしまう。



しかしその後のお母さんとオスカーのシーンで、お母さんはリビングで寝てしまい、オスカーは毛布をかけてあげてそれを見つめる。
この時に後ろで時計の秒針の「チッチッチッ」という音が流れている。

実はこれがお母さんとオスカー最後の夜になることが後に分かる。

この時からオスカーはもう後にエリと再会することを知っていたかのようだし、
エリがオスカーを助けてから2人で汽車に乗るまで会話はなく、お互いこうなることが当たり前だったかのような雰囲気を醸し出している。

f:id:sadoeeeeeeeee:20160516115608j:image


汽車の中で、箱の中のエリに向かってオスカーはモールス信号を打つ。
中からエリも打つ。

観客はその内容を知ることなく幕はしまるのだが、
これはオスカーが「エリ」、
エリは「オスカー」と打っている。


オスカーがエリの名前を最初に呼んだのは口でではなくモールス信号だった。
言いたいことを言えずに孤独に暮らしていた2人だけの会話手段、モールス信号。

映像化はされなくても、
今年にシアターBRAVA!が無くなってしまっても、

これからもずっとあの2人が作った雪に覆われた愛の世界は一生残り続けるに違いない。


大阪城ホールとラッキィィィィィィィ7〜奥の方まで見えてるよ(б∀б)〜

劇場
1/4,2部と3/24,2部の大阪城ホールでのラキセ、
「ラッキィィィィィィィ7」に参戦した。
運よくスタンドとアリーナにそれぞれ1回づつ入れた。


大阪城ホールは、大阪城築城400年を記念して作られた。

大阪城公園のメインはあくまでも大阪城なので、景観を壊さぬようアリーナ部分を地下に埋めて、石垣の高さよりも出すぎないように設計されている。


f:id:sadoeeeeeeeee:20160513145117j:image

また、これは驚いたことなのだが、
まるでジャニーズのコンサートをすることを前提としたかのように女性トイレの数が多い。

男子トイレはアリーナ階まで降りなければ存在せず、9箇所あるうちの3箇所(そのうちひとつは臨時で女性用になることも)しかない。


f:id:sadoeeeeeeeee:20160513145204j:image


f:id:sadoeeeeeeeee:20160513145154j:image

また、大阪城ホールは音の反響をまったく抑えるのではなく少し響くようにしてある。
この響く時間、残響時間は1,45秒。

会場のいろんな場所で録音してもライブっぽい音質になりつつも聞こえにくくない奇跡の比率なのだ。
これは座席や最後列通路を布張りにしたりすることによって調整されている。

そしてこの大阪城ホール、高身長グループであるジャニーズWESTにはうってつけの理由がある。

ジャニーズのアイドル皆がライブで意識すること、
それは「ファンとの距離」だ。

KinKiのように2人が常に遠いライブもあるが、ジャニーズWESTはファンとの距離の近さを大事にしている。


バクステ及び通路の高さは200cm、
メンバーの平均身長は約176cm、
20〜40代日本人女性の平均身長は158cm

そしてアリーナから客席の高さは約220cm



つまりこういうことになる..........!!!!


f:id:sadoeeeeeeeee:20160513150257j:image
(図は照史くん)


緑ジャスミンは神ちゃんの絶妙な角度の上目遣いを獲得です。

そして20cm盛ってもなお見上げなければならないツインタワーのツインタワーっぷり。

そして紫ジャスミンおめでとうございます。
スタンド最前ならばめでたく自担と同じ目線の世界を共有です。

そして基本的に建築を考える際には、人間の視野のことも考えます。


f:id:sadoeeeeeeeee:20160513151322j:image

スタンド及び立ち見席の角度は明らかに、細部が見える範囲内。

そして大阪城ホール会場内の照明の範囲はスタンド最後列頭上約2m。

会場内が明るくなるオープニングのラッキィスペシャル、ええじゃないか、ジパングおおきに、そして後半マルモウケあたり、ではアリーナから見ても立見席がバッチリ見えた。

つまりメンバーのいう「奥の方まで見えてるよ〜」は本当に奥の方まで見えているのだ。


そして単純計算で20cm×15段=300cm
これはスタンド最前からトロッコ通路までの高さ。


f:id:sadoeeeeeeeee:20160513151322j:image

座席幅(縦)は45cmとすると、スタンド13列目までは確実に全体の形を瞬時に確認出来ている計算になる。

f:id:sadoeeeeeeeee:20160513152857j:image

つまり製品的に決められているステージの高さと高身長を活かした彼らと大阪城ホールの組み合わせは文字通りの「最強タッグ」なのである。


次は落下物や特効などについて考察する。




なにわ侍と日生劇場の最強タッグ。(2)

さて、この日生劇場はオーケストラや合唱を行うことがあまりなく、ほとんどがジャニーズの舞台のようなお芝居が中心だ。

なぜなのか。

音響設備が良すぎるのだ。

音があまり響かずに、混ざり合わず、舞台で出た音がそのまま増幅されることなく聴こえる。

エコーがとてもかかりにくい構造になっているのだ。

つまり何が言いたいかというと、
そんな会場でも思いっきり全体に響き渡る神濵のビブラートはすごいということだ。





ジャニーズの舞台はマイクを使うため、スピーカーを通して会場全体にムラなく音が広がる。スピーカーをたずさえた日生劇場は、自担の声や息づかいがエコーすることなく聴こえる最強の劇場である。
だからジャニーズの舞台は日生劇場が多いのだ。

日生劇場はエコーが効かない分、隠しスピーカーの数も多い。

お気づきの方も多いと思うが、他の劇場で聴く自担の声の方がマイクを通した音+地声だと認識しやすい。

地声がそれなりに入っているのだ。

しかし、例えば、日生劇場で行われたなにわ侍で、
もしスピーカーが少なかったとしたら、

淳太くんの「お前から言っといてなんで泣いたんや」は日生劇場のエコー対策万全な壁へしゅるしゅると吸収され、
オンリーロンリーの冒頭は、何か舞台中央でぼそぼそつぶやきながら照れる27歳成人男性。

そこに残るのはヲタクの萌と笑いと
中間淳太(27)の羞恥心のみだっただろう。



座席の種類は、1階・中2階・3階席の3種類。

日生劇場は段差がなく傾斜がかなり緩いので、とにかく前の座席の方々の頭が視界に入ってしまうケースが多い。


また、何階の席でも共通して言えるのが両端よりは中央席が確実に見やすい。



日生劇場の客席通路は、
演者が通るには若干狭いが、
普通の通路にしては広いという絶妙なサイズ。

手を握った濵田 Pと照史くんのビジネスイチャコラを本当に目の前で見ることが出来るのだ。



つまり、演者が舞台から降りてきた時にとにかく近い。
とても近い。
よって、通路側の席は毎回神席と化す。

そして傾斜が緩いが故に、舞台から降りてきた時に1階後列
であっても近さを感じる。
しかし元々構造的に音響が悪くなりがちなところを壁の角度や材質で補っているためいかんせん少し水に潜ったような聞こえ方がするのが唯一の欠点だ。

そしていいのは1階だけではない。
中2階の席はまさに体力に自信が無いヲタクには格好の場所。
1,ほどよい高さで舞台全体を見渡せる。
2,全部で2列しかないからストレスなく観劇できる。
3,前がひらけているため音響が抜群に良い




これで防振双眼鏡なんてあった日にはもしかしたら1階前列よりもゆったりと、自担の汗や涙やその他もろもろを観ることが出来るのだ。
照史くんの奥歯の治療跡まで見えたりするのだ。



そして日生劇場の天井は真珠を育てる?のに使用するアコヤ貝がめいっぱい貼られており、これらは光を反射してキラキラと輝く。
また会場は丸く、舞台に立つと客席から囲まれるような感覚にする作りになっている。



あの日、ジャニーズWESTの7人は、ええじゃないかで幕が開いた時、

文字通りキラキラ輝く会場の中に、
多くのファンが涙し、喜ぶ姿に囲まれながら
包まれるような大歓声を浴びたのであろう。




f:id:sadoeeeeeeeee:20160512010200j:image